SNSフォローボタン

フォローする

【 幻想神域2 攻略 】戦力の上げ方(暫定版)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【 幻想神域2 攻略 】戦力の上げ方(暫定版)

どーも僕です。

今回は2020年7月1日より正式サービスが開始されたX-LEGENDの新作MMORPG「幻想神域2 -AURA KINGDOM-」iOS / Android / PC)を紹介~

事前登録者数が50万人を突破でUR守護者「スティール」「フォーグ」「ミュー」の中から,ランダムで1名がプレゼントされる。因みにワタクシは「ミュー」ですた。

で、正式サービスから約1週間たったところでちょっとわかりにくい戦力の上げ方について暫定的ではあるけど紹介していこうと思います。

まあワタクシもすべてを把握しているわけではないので、皆さんのご意見等ありましたら参考にさせていただきingっつうことでお話ししていきたいと思います。

【 幻想神域2 攻略 】戦力の上げ方(暫定版)

じゃ、戦力の上げ方について話していく前に超簡単に幻想神域2について紹介していきます。もう知ってるよってお友達は先に進んでね!

幻想神域2-AURA KINGDOM-

Story

(公式より引用)

豊かな自然と水に恵まれた世界「ラムリアン」突如として現れた「黒石」の墜落により魔龍が解き放たれ、そのすべてが蹂躙されてしまう。人類存亡に関わる災厄を前に8人の英雄は死力を尽くして応戦した。そして、その命と引き換えに「聖石術」と呼ばれる力で魔龍の封印に成功する。それから100年・・・封印の力は弱まり再び悪夢が訪れようとしている。人々にできるのは、古くから伝わる予言を信じることだけだった。- 起源の力が世界に希望をもたらす –

これだけ読んでも良くわからんと思うので簡単に言うと

プレイヤーは「異世界に召喚された起原の使者」として「ラムリアン」と呼ばれる世界で冒険の旅に出る。因みに主人公は過去の記憶がないというありそうでよくある設定。

八英雄や守護者との関係などが明らかになり、過去の記憶を取り戻すって感じになると予想

職業は現在4種類で

「ニンフ」

未知の世界からやってきた自然と共生する精霊の化身。

「忍者」

異国の地からやってきたとされる一流の暗殺者。毒や武器の扱いに精通している。

「ウィザード」

あらゆるエレメントの使い手。元素の力で不可能を可能にする。

「ドラグーン」

槍の扱いに長けた戦士。竜の意志を受け継ぎ「ラムリアン」を守っている。

各職にはクラスがあってストーリーを進めていくことで開放される仕様になっている

 
特徴 各クラス(左より順に解放されていく模様)
ニンフ 遠距離 / アタッカー シューター アーチャー シーカー シルフ
忍者 近距離 / アタッカー 下忍 上忍 暗部
ウィザード 遠距離 / サポート マジシャン ソーサラー キャスター アルカナ
ドラグーン 近距離 / タンク ランサー ナイト ベルセルク パラディン

システムにについてはあえて紹介しませんが、最近流行り?のゲーム内結婚や段階的に解放されていくレベルキャップやダンジョンといった感じのようですね。
まあ今回はそこまで掘り下げないので詳しくは公式やゲーム攻略サイトで確認してくださいね。

幻想神域2戦闘力の上げ方

さて、前置きはこの辺にしてそろそろ本題に入ってまいりましょう。

幻想神域2は昨今のMMO同様に戦闘力(他MMOでは総合力)がコンテンツを進めるうえで一つの目安なります。

基本的にはメインクエストを進めていれば戦闘力は上がってくるんですが、それだけじゃちと心もとないので、そのほかの要素について紹介していきましょう。

このゲームもそうなんだけど、最近のゲームは戦闘力上げがわかりづらかったり気が付かない点などもあるのでワタクシが理解している部分についての紹介です。

幻想神域2は何をしても戦闘力が上がる感じですがそれ故に何をやっていけば戦闘力が上がるのかを見失いがちなので今回備忘録的な意味も込めて列挙していきたいと思います。

また、今後コンテンツ、シナリオ等が進むにつれ判明することがあれば随時追加していきます。

尚、今回紹介する内容は細かい数値などの検証はしておりませんのでその点はご自身で確認するなどしてくださいね。因みにワタクシはドラグーンですので他の職はよくわかりませんのであしからず。

戦闘力が上がる要素

それでは順に紹介していきましょう。

レベル

経験値で昇格メイン画面上現在レベル表示あり職業アイコンタップでも確認できます。EXPはメインストーリー、各クエスト、ダンジョン等で稼ぐことができる。

スキル

メニュータブ→キャラクターで開きます。スキルは転職等で開放され、任意のスキルはスキルの書を使用して熟練度を上げることで攻撃力、効果アップが上昇していきます。

尚スキルはリセットできる。リセットされたスキルは熟練度が0になるがポイントは返却されるためダンジョンや敵によって振り分けなおすことができる。ただし使用した通貨は帰ってこない。

紋章

ルーンを使用して戦闘力を強化することができます。

紋章強化には成功率が設定されている。また、1グループすべての紋章を点灯させるとグループ効果が発動し大幅な戦闘力強化が見込める。

パッシブ

主にスキルの威力アップがメインな感じ。スキルと同じくポイントを利用して効果付与、こちらもリセット可能

乗り物

乗り物は現在ガチャもしくは事前登録報酬だったかな?で貰えるウリリンがいます。手綱強化することでレベルが上がり戦闘力が上がります。手綱強化研磨石を使用する。

潜在能力育成については不明

ウイング

メニュー→キャラクタータブ→ウイングで開く。

コアを強化することで戦闘力が上がります。コア強化にはコアの欠片が必要。強化することでウイングのランクが上昇。宝石を装着できる(装着できる宝石はルビーとサファイアで主に会心率や会心ダメ減など)宝石自体このウイング画面から強化できる。

称号

称号はすべてではないが一部能力上昇効果を持った称号がある

アバター

アバターにはマスク、髪飾り、衣装、ウイングがあり装着することで戦闘力が上がります。まあガチャアバターは戦闘力結構上がりますな・・・・

ラムル図鑑

アイテムタブ→ラムル図鑑で開きます。モンスターを倒すかイベントで入手できる知識の欠片で図鑑にモンスターや守護者を登録することで戦闘力が上がります。また、対象のモンスターのレベルが上がるとトロフィーを開放でき、ボーナスが加算されます。(トロフィーは3段階、下図の”高地の子羊”の場合トロフィー1で防御力+3といった具合)オート放置で図鑑収集とトロフィー狙いができるって感じ

ラムル図鑑の内容はこっちからね~

守護者

守護者は戦闘力上昇個所が多数あります。

強化項目 説明
洗練 洗練するためには専用の意思が必要。洗練することによって☆ランクが上昇し戦闘力が上がります。また、☆が増えると装備、潜在能力が解放される。洗練には通常洗練と高度洗練がある。(低レア守護者でも☆ランクが高ければUR☆1よりも能力が高くなる場合がある)
強化 俗にいうレベルアップ。プレイヤーレベルより上げることはできない。エネパウダー、フラグメント、クリスタル仕様で経験値を獲得する。
交流 絆ポイントの上昇によって戦闘力が上がります。絆ポイントは守護者からの問題、マリンサンドイッチ、フルーツタルト、ファンタジーカクテルで上昇。累計ポイント報酬もある。
装備 ☆2で解放。聖晶石で装備レベルを上げていく。守護者のレベルより上には強化できない。
潜在能力 ☆4で解放ダイヤで潜在能力を入れ替えることができる。
装備

装備も戦闘力上昇個所が多数存在。進化、については現時点で未開放。装備関係はこちらから

強化項目
強化 強化と継承がある。強化は強化水晶を使用してレベルを上げる。
ラピス 宝石をはめ込むことで戦闘力が上昇する。(かなりの上昇が見込めるラピス装着)またラピスは強化することで1ランク上のラピスに合成できる。
突破 同部位、同レベル、同レアリティの装備を合成することで戦闘力が上昇
進化 クエスト8-1クリアで解放
潜在能力 クエスト7-4クリアで解放
その他の戦闘力上昇コンテンツ

とりあえず思いつくところを羅列してきましたが、まだまだあるとは思いますが、それは随時更新していくとして地味なところをご紹介。

知ってる人がほとんどとは思いますが、メニュー→クエスト→実績ポイントこれが地味に戦闘力を上昇させてくれます。

実績をどんどんこなすことでランクが上がりボーナスが付与されます。ちょっとした時間を利用してできますので(一部面倒くさいのもあるが)この機会に是非です!

まとめ

かなーり端折って紹介してきましたが、冒頭でご紹介した通りこの幻想神域2はリリースされて間もないアプリのためまだまだこれからいろいろと判明してくる内容もあるかと思われますが、現在ワタクシが思いつく限りではこの辺りをしっかり押さえておけば戦闘力上昇に多少は役立つのではないかと思います。(抜けがあったら教えてね!)

今後も随時更新していければよいとは思っていますが今回の内容が少しでもお役に立てたら幸いです。

基本はメイン、装備で間違いないとは思いますが、地味な部分(図鑑、実績)もしっかりこなすことが重要ではないかと考えています。

色々足りないところばかりではありましたが、今回はここまで~

そのうちゲーム自体の評価やクエスト攻略などもできたらな~と考えていますのでどうぞよろしくお願いします。

ではまたね~

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする